C 企業経営理論

「競争の3つの基本戦略」で競争を優位に進めよう

更新日:

企業経営理論

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「企業経営理論」から『競争の3つの基本戦略』について説明するよ!

競争優位の戦略とは?

競争優位の戦略とは、企業経営において競争相手に対し優位性を築くための経営戦略のことです。

アウル先生
アメリカの経営学者マイケル・E・ポーターは、競争戦略における基本戦略として、「差別化戦略」「コスト・リーダーシップ戦略」「集中戦略」3つの戦略をあげているよ!

3つの基本戦略

トラ丸
競争の3つの基本戦略には、それぞれどのような特徴があるのか一緒に見ていこう!

差別化戦略

差別化戦略とは、自社の製品に独自性を持たせ、圧倒的な差別化を図ることで、競争企業より優位に立つ戦略です。

例えば、「品質がどこよりも優れている」、「デザインが美しい」、「アフターフォローが充実している」、「そこでしか体験できないサービスを提供している」などが挙げられます。

このように価格以外で差別化を図ることにより、高くても売れる製品・サービスの創出を目指します。

トラ丸
高級ブランド店やテーマパーク等がとっている戦略だね!

コスト・リーダーシップ戦略

コスト・リーダーシップ戦略は、徹底したコストダウンにより、顧客にも低コストの製品を提供する戦略です。

商品や材料を安く購入するなど原価や経費を削減することで、競合他社の同種製品よりも低価格で顧客に提供してシェアの拡大を目指します。

コスト・リーダーシップ戦略を取る際は、「規模の経済の実現」、「経験曲線効果の活用」等を上手く組み合わせて行なうことが重要となってきます。

トラ丸
一部の外食産業やアパレルがとっているのを見かけるね!

集中戦略

集中戦略は、市場を細分化して、特定のターゲットに限定し、経営資源を集中させる戦略です。

集中戦略においては、差別化の面で優位に立つパターンと、コスト面で優位に立つパターンがあります。

無理に手を広げて経営資源を分散させるよりも、特定の顧客層に集中することで、大企業にも対抗できるようにもなります。

アウル先生
経営資本が限られている中小企業はこの集中戦略を採用していることが多いね。

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-C 企業経営理論
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.