B 財務・会計

「設備投資の決定プロセス」を学んで慎重に設備投資を検討しよう

投稿日:

財務会計

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「財務・会計」から『設備投資の決定プロセス』について説明するよ!

設備投資とは?

設備投資とは、生産や販売といった事業活動で必要となる固定資産(土地・建物、機械設備など)に投資をすることです。

アウル先生
設備投資には「①投資金額が大きい、②経済的な効果が長期間に及ぶ」といった2つの大きな特徴があります。
トラ丸
投資金額が大きいのに、期待していた経済的効果が出なかった場合、中小企業にとっては死活問題になってしまうね。
アウル先生
そう!だから設備投資はプロセスに沿って慎重に検討を重ねる必要があるんだ。

設備投資の決定プロセス

設備投資の可否を判断する際、以下のプロセスに沿って検討していきます。

①目的の明確化

その設備投資を行うことで、「何を達成するのか?」、「どんなことが解決できるのか?」などの目的を明確にします。また、その目的に合わせて、「生産を拡大するのか?」、「効率化・省力化をするのか?」といった方向性を打ち出します。

②設備投資案の検討

目的に合った設備投資案を検討していきます。例えば、新しい工場を建設するのか、ラインの増設で対応するのか、などの設備投資案を複数出していきます。

③設備投資案の評価・選択

各設備投資案に対し、各所から意見を募ったり、評価をすることで、最適な案を選択します。

④導入方法の検討

設備資金では多額の資金が必要になるため、導入方法を検討する必要があります。

アウル先生
「購入するか、リースにするか」、「(資金調達する場合)銀行から借りるか、社債を発行するか」など、複数の選択肢から最適な導入方法を選択します。

⑤設備投資の実行

選択した設備投資案に沿って、実行に移します。実行に移した後も、「予算内で収まっているか?」、「導入はスケジュール通り進んでいるか?」、「(設備稼働後)期待通りの成果を上げているか?」などのチェックも忘れずに実施するようにしましょう。

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-B 財務・会計
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.