E 経営法務

「法律行為の種類」を分類別に覚えていこう

更新日:

経営法務

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「経営法務」から『法律行為の種類』について説明するよ!

法律行為とは

法律行為とは、意思表示を要素とする法律要件で、意思表示の内容どおりの法律上の効果が生じる行為のことです。
意思表示の内容は確定でき、実現可能で、かつ、強行法規や公序良俗に反しないものでなければならないとされています。

アウル先生
法律行為は以下の種類に分類することができるよ!

態様による分類(契約・単独行為・合同行為)

契約

2人以上の意思表示の合致により成立する法律行為

単独行為

1つの意思表示により成立する法律行為
(例:遺言、取消し、解除など)

合同行為

同一の方向に向けられた複数の意思表示を要素とする法律行為

効果による分類(債権行為・物権行為・準物権行為)

債権行為

債権上の効果を発生または消滅させる法律行為
(例:売買、賃貸借、消費貸借など)

物権行為

物権を発生または消滅させる法律行為
(例:所有権移転や抵当権設定など)

準物権行為

物権以外の権利を発生または消滅させる法律行為で履行問題を残さないもの
(例:債権譲渡や債務免除など)

※ちなみに、物権行為と準物権行為をあわせて処分行為といいます。

形式による分類(要式行為・不要式行為)

不要式行為

特段の方式を踏むことなく成立する法律行為
※法律行為は原則として不要式行為となります

要式行為

一定の方式を踏むことが必要とされる法律行為
(遺言は要式行為にあたります)

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-E 経営法務
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.