E 経営法務

「個人事業と法人」のメリット・デメリットを理解しておこう

投稿日:

経営法務

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「経営法務」から『個人事業と法人』について説明するよ!

個人事業とは?

個人事業とは文字通り、個人で事業を行っている人のことです。

個人事業のメリット

個人事業の場合、会社を設立するのと比べて手続きが簡単というメリットがあります。また、手続きが簡略化できる分、設立にあたっての費用が安く済むケースが多いです。
また、1人や少人数で事業を行うため、事業活動の柔軟性は高くなります。

個人事業のデメリット

法人と比べると、信用力の面で劣ってしまうことがあります。企業の中には、法人でないと取引できないという所があったり、従業員を雇用する際にも法人の方がイメージが良いといったデメリットがあります。

(参考)フリーランス

ここ最近、フリーランスという働き方が増えています。フリーランスとは、特定の企業や団体などに所属せず、独立して仕事を請け負う働き方です。多様な働き方が認められてきている昨今、このフリーランスという形態が注目を集めています。

トラ丸
フリーランスはプログラマー、ライダー、デザイナーなどの職種で、個人で仕事を請けている人のことだよ。

法人とは?

法人とは、権利能力(法人格)を認められた一定の組織・団体のことです。

法人のメリット

法人は個人事業に比べて、税金面で有利になるケースが多くあります。また、一企業の形態をとっているので、信用面でも有利に働くことが多いのが特徴です。

法人のデメリット

法人の設立にあたっては登記などが必要なため、手続きが煩雑になり、費用もかかります。また、赤字でも必ず税金がかかるなど、一定のランニングコストが必要となります。

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-E 経営法務
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.