参考書

参考書はどれが良い?メインに使う教材はやっぱりコレがオススメ!

更新日:


中小企業診断士試験の参考書(対策本)は数多く出版されています。

実際、本屋さんに行くとたくさん並んでいて、どれが良いか迷ってしまうかと思います。

トラ丸
そうそう!種類がたくさんあって、どれが良いのか分からなくなっちゃうんだよね。
アウル先生
確かに、最初の参考書選びは重要だからね!

そこでオススメしたいのが、大手資格予備校のTACが出版している「スピードテキスト」、「スピード問題集」、「過去問題集」です。

中小企業診断士の参考書の中でもっともメジャーであり、内容も分かりやすいものとなっています。

トラ丸
スピードテキストは略して「スピテキ」と呼ばれていて、多くの受験生から支持を得ている良書なんだって!
アウル先生
初学者でも学習しやすいようにまとまっているので、TACの参考書をメイン教材に使って覚えていくのをオススメします!

企業経営理論



財務・会計



運営管理



経済学・経済政策



経営情報システム



経営法務



中小企業経営・中小企業政策



ワンポイント

ちなみに「中小企業経営・中小企業政策」に限っていうと、「過去問題集」は必須ではありません。

というのも、「中小企業経営・中小企業政策」の中の“中小企業経営”に関しては、毎年発刊されている『中小企業白書』から多く出題されるため、過去問の内容ではデータ等が古くなってしまいます。

お金を節約したい方は、過去問のみ中小企業診断協会のホームページからダウンロードして、出題傾向・形式や雰囲気を掴むだけでも良いと個人的には思います。

トラ丸
その分、中小企業白書はよく見ておくようにしよう!

通勤中やちょっとした休憩時間などのスキマ時間にはコレ!

「通勤途中の電車・バスの中や、ちょっとした休憩時間にカフェで勉強したい!」といった方にオススメなのが『要点整理ポケットブック』です。

上で紹介したポケットテキストを1日目(4科目)と2日目(3科目)に分けて、内容を凝縮したテキストです。


1冊で複数の科目が学習できるうえ、通常のテキストよりコンパクトなため、持ち運びにも最適です。

アウル先生
普段はスピードテキストで勉強して、スキマ時間はこのポケットブックで予習・復習をすると知識がより定着します!

苦手な科目は副読本も活用

これまで挙げた参考書はあくまでもメイン教材です。

例えば、苦手な科目がある場合には、副教材として『副読本』を読むことをオススメします。

また、独学で勉強を始めたものの、「どうしても1人で学習するのは大変」、「スケジュール・モチベーション管理が上手くいかない」という人は、オンライン学習講座などを使うのも1つの手です。

中小企業診断士試験は勉強範囲が広く、学習期間も長くなってしまいます。

教材を上手に選んで、他の人より効率良く勉強して合格点を目指しましょう!

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-参考書
-

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.