F 経営情報システム

「IPアドレス」にはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの2種類があるよ

投稿日:

経営情報システム

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「経営情報システム」から『IPアドレス』について説明するよ!

IPアドレスとは?

IPアドレスとは、各コンピュータ1台ずつに割り振られる識別番号(数値)のことです。IPアドレスは32ビット(8ビット×4)の数値で表現され、ネットワークアドレス部とホストアドレス部から構成されています。

IPを基盤とするネットワークに接続されたコンピュータは、ネットワークアドレスにより、どのネットワークに所属するか識別され、ホストアドレスにより、所属するネットワーク内のどのコンピュータかを識別されます。

アウル先生
IPアドレスは、例えば「192.168.128.1」のような数値で構成されるよ。
トラ丸
簡単にいうと、ネットワーク上での住所みたいなものだね!

また、IPアドレスは「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」に分けることができます。

グローバルIPアドレス

インターネットにアクセスするための世界中で1つしか存在しないIPアドレスのことです。重複を避けるため、各国の専門機関が管理・割り当てをすることになっています。

アウル先生
日本では、「日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)」がグローバルIPアドレスの管理・割当てなどの役割を担っています。

プライベートIPアドレス

企業などが自由に割り当てることができ、限られた範囲内で使用する(重複する可能性のある)IPアドレスのことです。LANのような限られた範囲では、このプライベートIPアドレスを使用します。

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-F 経営情報システム
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.