E 経営法務

「事業開始に係る届け出」を覚えて提出漏れがないように気を付けよう

投稿日:

経営法務

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「経営法務」から『事業開始に係る届け出』について説明するよ!

事業開始に係る届け出とは?

個人事業でも法人でも、事業を始める際にはさまざまな書類・手続きが必要となります。

アウル先生
どんな届け出が必要になるのか見てみましょう。ちなみに、個人事業と法人の違いはこちらの記事を参考にしてみてください。

(個人事業)開業届

個人が事業を開業したことを税務署に申告するための届け出です。正確には「個人事業の開廃業届出書」といいます。開業届は開業の日から1ヶ月以内に提出する必要があります。

(個人事業)青色申告承認申請書

開業年度に確定申告で青色申告を選択する場合は、開業後2ヶ月以内「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。

(法人)法人設立届出書

法人は設立の日から2ヶ月以内「法人設立届出書」を税務署に提出する必要があります。

労働保険

従業員を1人でも雇用すると、労働保険(当同社災害補償保険、雇用保険)が成立します。労働基準監督署やハローワークに労働保険保険関係成立届などを提出する必要があります。

社会保険

個人事業の場合は従業員5人、法人の場合は従業員1人を雇用すると社会保険(厚生年金保険、健康保険)が成立します。年金事務所等に新規適用届出書などを提出する必要があります。

トラ丸
事業を始めるには色々な届け出が必要になってくるんだね。
アウル先生
何が必要で何が必要でないか、1つ1つ確認して漏れなく提出できるようにしよう。

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-E 経営法務
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.