D 運営管理

「売場のレイアウト」において配慮しておくべき点を押さえよう

投稿日:

運営管理

アウル先生
今回は中小企業診断士試験の「運営管理」から『売場のレイアウト』について説明するよ!

売場レイアウトとは?

売場レイアウトとは、売場での陳列器具や商品の配置・構成について計画を立てることです。店舗内の売場レイアウトを考える際は、営業施策や顧客の行動心理などを考慮し、最適な配置・構成を目指します。

トラ丸
ただ、「スペースが空いているから、そこに置く」って考えじゃダメなんだね!

売場のレイアウトを考えるときに気を付けたいこと

売場のレイアウトを考える際に配慮すべき点は、以下のような項目があげられます。

商品の配置

計画購買される商品と、衝動買いされる商品(非計画購買される商品)に分けて商品を配置する方法があります。
一般的には、計画購買される商品を店内の奥に配置して、顧客の動線を長くします。

計画購買:消費者が購入前にブランドや価格等について充分な理解し、来店前に買うことを決めていること。

販売方法

自店舗の販売方法(対面販売、側面販売、セルフサービスなど)に合わせて、販売に適したレイアウトを計画します。

通路・動線

通路は、本数・幅・客動線などを基準に設定します。主通路(多くの顧客が通る通路)には主力商品を配置します。
また、顧客の動線だけでなく、従業員の動線も考える必要があります。顧客の動線はできるだけ長く、従業員の動線はできるだけ短くするのが基本です。

壁面

人は壁に沿って進む習性があるといわれているため、壁面にも什器を設置して商品を陳列したり、ポスターやチラシを貼るなどの工夫が重要となります。

天井・床・柱

天井の高さや形状、床の素材、柱の位置、カラーなども考慮に入れて、レイアウトを検討する必要があります。

トラ丸
店舗のレイアウトを考えるときは、色々なところに配慮しないといけないんだね。
アウル先生
大変だけど、店舗運営における楽しみの1つとも言えるね!

当サイトの人気記事

比較ランキング 1

中小企業診断士の通信講座(オンライン学習サービス)は複数ありますが、結局どこのサービスを使ったら良いのか迷ってしまいますよね? そこで、『中小企業診断士スタディ・ラボ』では各教材の「①価格面」、「②2 ...

スタディング(STUDYing)アイキャッチ 2

中小企業診断士試験をはじめ、多くの資格試験受験者の間で注目を集めているオンライン学習教材が「スタディング(STUDYing)」です。 数あるオンライン学習講座の中でも、どうしてここまで人気が出ているの ...

診断士ゼミナール 3

中小企業診断士試験のオンライン講座の中でも、比較的人気の高い「診断士ゼミナール」! 他のオンライン学習サービスと一体なにが違うのか? その特徴(メリット・デメリット)・評判・口コミを探っていきます。 ...

副読本 4

中小企業診断士の1次試験は7科目とボリュームが多いため、 「この科目、苦手なんだよな~」 「ここの部分だけ、何度テキストを読んでも理解できない」 という箇所がどうしても出てきてしまいます。 アウル先生 ...

-D 運営管理
-,

Copyright© 中小企業診断士 スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.